弁護士による交通事故・後遺障害等級認定相談

087-832-0550 相談受付時間 月~金 9:00~20:00
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Image is not available
Arrow
Arrow
Slider

  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療費を打ち切ると言われた
  • 入院中で今後の対応がわからない
  • 今通っている病院の先生が合わない
  • 過失割合に納得がいかない
  • 仕事が忙しくて治療に行けない

事故直後から治療・交渉・申請等を行い賠償金獲得にいたるまでの手順

事故直後から治療・交渉・申請等を行い賠償金獲得にいたるまでの手順

交通事故で怪我をされた場合、できるだけ早く弁護士にご相談ください。

突然交通事故に合われた場合、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされていると思います。そのため、ついつい弁護士に相談するのは遅くなりがちです。しかし、当事務所の経験では、事故直後のできるだけ早いタイミングでご相談いただかなければ、後からではできないことも多いのです

いずれにしても、まずは適切な治療を受けることが大事です。そのために、通院される医療機関等についてもアドバイスさせていただいております

交通事故後の流れ

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

  • 頭部・脳
  • 高次脳機能障害など
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 頬骨骨折、顎骨骨折、眼窩上壁骨折など
  • 首
  • 頚椎捻挫(外傷性頚部症候群)など
  • 肩
  • 肩鎖骨関節脱臼、鎖骨骨折、肩甲骨骨折など
  • 脊髄・脊柱
  • 腰椎圧迫骨折など
  • 腕・肘・手
  • 上腕骨骨折、尺骨骨折、手関節TFCC損傷など
  • 腰
  • 腰椎捻挫、腰椎椎間板ヘルニアなど
  • 骨盤~股関節~大股
  • 骨盤骨折、股関節脱臼など
  • 膝
  • 後十字靭帯損傷、半月板損傷など
  • 太ももから先
  • 大腿骨骨折、腓骨骨折、踵骨骨折など
  • 死亡事故
  • 高次脳機能障害
  • 醜状障害
  • 過失割合
  • 等級別
  • 事故状況別
  • 被害者属性別

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550

頚椎捻挫・腰椎捻挫・脳脊髄液減少症・胸郭出口症候群

  • 高次脳機能障害
  • 死亡事故

香川で交通事故でお悩みの方へ~当事務所が選ばれる5つの理由~

弁護士写真

当事務所のホームページをご覧くださりありがとうございます。

 

私どもは生まれ育った香川、そして四国の方々のお役に立ちたいという思いで、得意分野の1つとしている交通事故被害者を対象としたホームページを立ち上げました。

 

交通事故案件との関わりは、修習生時代に遡ります。修習先の弁護士事務所が損害保険会社の顧問弁護士をしていたことから、交通事故案件を数多くの交通事故案件に触れ、交通事故処理の難しさや奥深さに触れ、交通事故案件を専門的に取り扱うことが出来る弁護士を目指すことにしました。そして、大阪地方裁判所の交通専門部でも修習を行いました。その後、大阪で就職した法律事務所では、交通事故紛争処理センターの相談担当をしていた弁護士の下で研鑽を積みました。そして、高松に帰って来てからは年間100件以上(事務所開設以来、月10件以上)、交通事故被害者のご相談を承っております。
このように弁護士登録以来、一貫して交通事故事件を扱っており、事案ごとのポイントは把握しているため、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。また、医療訴訟の経験もあり、高次脳機能傷害の事案など、専門的な医療知識を必要とする特殊な案件も対応できます
案件に応じて、複数の弁護士で対応したり、外部の各種専門家と連携し、スムーズで有利な解決を目指します。
交通事故問題は早めに対応することが解決への近道です。複数の弁護士がおりますので、四国四県対応いたしますし、事前にご予約いただければ、土日祝日や夜間の対応も可能です。まずは一度ご相談ください。

 

当事務所が選ばれる5つの理由

  • 交通事故の解決実績300件以上
  • 医師も実力を認める高い専門性
  • 複数弁護士・ベテランリーガルスタッフの充実体制
  • お客様からの高い評価
  • 初回相談は無料


  • ご自身の保険に弁護士特約はついていませんか?
  • 弁護士費用特約とは、交通事故の被害者が弁護士に相談する場合や、示談交渉などを依頼する場合に、加害者の方が加入する保険会社が弁護士費用を負担してくれるという特約です
    自分の保険には付いていないとお思いになられている場合でも、実は保険証書を見たら、特約が付いていた、ということも少なくありません。また、ご本人が契約をしている保険でなくても、被害者の方の配偶者や別居をしている未婚の子など、親族が加入していることで弁護士費用特約が適用されることもあります


  • 初回相談は無料・着手金0円、087-832-0550、電話受付時間平日9:00~ 18:00
  • メール受付はこちら
  • 交通事故に詳しい専門家に相談したい
  • 治療費を打ち切ると言われた
  • 入院中で今後の対応がわからない
  • 今通っている病院の先生が合わない
  • 過失割合に納得がいかない
  • 仕事が忙しくて治療に行けない

事故直後から治療・交渉・申請等を行い賠償金獲得にいたるまでの手順

交通事故発生後 の流れ

交通事故で怪我をされた場合、
できるだけ早く弁護士にご相談ください。

突然交通事故に合われた場合、治療や勤務先への対応などで、大変な思いをされていると思います。
そのため、ついつい弁護士に相談するのは遅くなりがちです。
しかし、当事務所の経験では、事故直後のできるだけ早いタイミングでご相談いただかなければ、後からではできないことも多いのです。

いずれにしても、まずは適切な治療を受けることが大事です。そのために、通院される医療機関等についてもアドバイスさせていただいております。

当事務所の代表的な解決事例と部位別事例の紹介

部位の図

  • 頭部・脳
  • 顔(目・耳・鼻・口)
  • 首
  • 肩
  • 脊髄・脊柱
  • 腕・肘・手
  • 腰
  • 骨盤~股関節~大股
  • 膝
  • 太ももから先
  • 死亡事故
  • 高次脳機能障害
  • 醜状障害
  • 過失割合
  • 等級別
  • 事故状況別
  • 被害者属性別

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください、ご予約087-832-0550、電話受付時間 平日9:00~18:00
  • 【頚椎捻挫・腰椎捻挫・脳脊髄液減少症・胸郭出口症候群】痛みやしびれが治まらない...本当に頚椎捻挫・腰椎捻挫だけですか?
  • 【高次脳機能障害】頭部外傷の障害でお悩みの方またはご家族様はこちら
  • 【死亡事故】不幸にもご家族をなくされたご遺族の方はこちら

香川で交通事故でお悩みの方へ~当事務所が選ばれる5つの理由~

【写真】2人の弁護士当事務所のホームページをご覧くださりありがとうございます。

私どもは生まれ育った香川、そして四国の方々のお役に立ちたいという思いで、得意分野の1つとしている交通事

故被害者を対象としたホームページを立ち上げました。

交通事故案件との関わりは、修習生時代に遡ります。修習先の弁護士事務所が損害保険会社の顧問弁護士をしてい

たことから、交通事故案件を数多くの交通事故案件に触れ、交通事故処理の難しさや奥深さに触れ、交通事故案件を専門的に取り扱

うことが出来る弁護士を目指すことにしました。そして、大阪地方裁判所の交通専門部でも修習を行いました。その後、大阪で就職

した法律事務所では、交通事故紛争処理センターの相談担当をしていた弁護士の下で研鑽を積みました。そして、高松に帰って来て

からは年間100件以上(事務所開設以来、月10件以上)、交通事故被害者のご相談を承っております。

このように弁護士登録以来、一貫して交通事故事件を扱っており、事案ごとのポイ

ントは把握しているため、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。また、

医療訴訟の経験もあり、高次脳機能傷害の事案など、専門的な医療知識を必要とする特殊な案件も対応できます。

案件に応じて、複数の弁護士で対応したり、外部の各種専門家と連携し、スムーズで有利な解決を目指します。

交通事故問題は早めに対応することが解決への近道です。複数の弁護士がおりますので、四国四県対応いたしますし、事前にご予約いただければ、土日祝日や夜間の対応も可能です。まずは一度ご相談くださ

い。

当事務所が選ばれる5つの理由

  • 交通事故の解決実績300件以上
  • 医師も実力を認める高い専門性
  • 複数弁護士・ベテランリーガルスタッフの充実体制
  • お客様からの高い評価
  • 初回相談は無料

ご自身の保険に弁護士特約は付いていませんか?

弁護士費用特約とは、
交通事故の被害者が弁護士に相談する場合や、示談交渉などを依頼する場合に、加害者の方が

加入する保険会社が弁護士費用を負担してくれるという特約です。
自分の保険には付いていないとお思いになられている場合でも、実は保険証書を見たら、特約が付いていた、ということ

も少なくありません。また、ご本人が契約をしている保険でなくても、被害者の方の配偶者や別居をしている

未婚の子など、親族が加入していることで弁護士費用特約が適用されることもあります。