なぜ裁判を重視するのか

高次脳機能障害で本当に苦しんでいるのに、非該当と言われて示談で終わらせられますか?納得できるでしょうか?

 

不当な過失割合を主張され、それを受け入れることができるでしょうか?
裁判所で裁判官の判断としての判決を受けずに、相手との合意ありきで話をまとめることを示談と言います。

 

示談というのは相手あってのことになる中で、いくらこちらが正しいことをお伝えしても、客観的に正しいかどうかということよりも、双方で納得のいく合意ができるかどうか、ということがポイントになってきます。

 
一方で、最終的に裁判を行うというのは、裁判官に判断をくだしてもらうといのが日本の制度である中で、明らかに相手が変なことを言っている場合は、裁判官に判断をしてもらうことが必要になってきます

 

例えば、過失割合で向こうがこちらに9割非があると言っていても、こちらが実際は「私は悪くないのに」と感じている中で、相手が言うことを丸のみできるでしょうか。
そうした場合には、最後まで闘わなければならないと思います。

 

 

加えて、やはり賠償金に関しては、裁判基準という最も高い基準を引き出すことで、その後の生活の糧も確保することができます。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声