医学的アプローチの重要性

交通事故の後遺障害の等級認定に際しては、神経系統障害に係る医学的所見や、脳外傷等による非器質的精神障害に関する具体的所見など、医師の他覚的所見を記載した書面の内容が重要視されます。

この点、限られた時間での診療を行う医師が、日常的な患者の症状の全てを漏れなく把握することは難しい場合もありますので、患者の日常生活状況に照らした具体的症状医師にしっかり伝達・理解してもらい、医学的な所見を適切に書面(後遺障害診断書、医療照会回答書、意見書等)に記載して頂くことが重要です。さらに、各種医学的検査の結果も重要であり、当該検査結果が、臨床医師の所見と合理的に合致していることも大切です。

すなわち、ご依頼者様の個々の具体的症状に対応した適切な後遺障害等級の認定を受けるにあたって、認定のための所見を提供して頂く医師とのコミュニケーションや、所見の医学的意味を弁護士が十分に理解し、医学的なアプローチ(必要な医学的検査結果や医学的他覚所見の獲得に向けた検討)を適切に履践することが肝要であると考えられます。

当事務所の事件処理方針について>>

後遺障害でお悩みの方へ>>

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声