むちうち(鞭打ち)について

むちうちの症状

「むちうち」は、自動車の追突事故などが原因で起こる症状ですが、正式な名称ではありません。
正式にはなく、頚椎捻挫(けいついねんざ)、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)などと診断されます。

 

典型的な症状は首の痛み、肩こり、腕や手指の痺れ、などです。その症状例は、頸椎捻挫型、神経根型、バレー・リュー型、神経根・バレー・リュー混合型、脊髄症状型に分類され、それぞれ治療法も異なっています。
一般にむち打ち損傷は、交通事故によって頭部に外力がかかり、頸部が過伸展(後屈)と過屈曲(前屈)を伴うむち打ち運動のために生じる損傷と考えられています。また、頭部の急激な後屈を止めるために後頸部の筋肉が過緊張・収縮したり、後頭部や頸部をヘッドレストで打撲したときに軽微な筋断裂や小出血が発生することが発症原因となることもあります。
いずれにしても、むち打ち損傷の大部分は頸部軟組織の局所的で軽微な損傷であり、初期治療を怠らなければ症状は次第に軽快・消滅しますが、症状が残存することもあります。

 

むちうち症の等級認定について

むちうちは、下記の表が認定の基準となります。

等級  労働能力喪失率 労働能力喪失期間  認定基準
12級13号 14% 5~10年 局部に頑固な神経症状を残すもの
14級9号 5% 5年以下 局部に神経症状を残すもの

 

 

むちうちの場合の留意点

上記のように、むちうち症は、後遺障害の中で最も多いケースです。しかし、逆に言うと、全体の数が多いので、認められないケースも最も多いのです。後遺障害がきちんと認定されるかどうかで、損害賠償額が数百万円以上異なる場合もありますので、適切な診断を受けることが極めて重要です。

 

例えば、神経症状があるかどうかを診察するにはMRI等の画像検査や神経学的な検査をする必要がありますが、医師によっては、これらを行わないために神経症状を確認できないことや、適切な時期に検査が行われていないために、事故によるものか、もともと存在したものか判別できず、事故との因果関係が証明できないことがあります。

 

逆に、交通事故によるむちうち症の後遺障害に精通した医師であれば、適切な診察や治療を受けることができ、適切な診断書を作成してもらえることが期待できます。
お困りのことやご不安がありましたら、お気軽にご相談ください。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ 弁護士費用
解決事例 お客様の声 推薦者の声 お問合せ