交通事故事件処理方針

①徹底的に依頼者のお気持ちに寄り添います

弁護士が親身に対応被害に遭われた依頼者の方々のご心情に最大限寄り添い、交通事故実務において最大限有利な方針を検討して案件を進めて参ります。

交通事故被害に遭ってしまったら>>

弁護士に相談すべきタイミングについて>>

②適切な後遺傷害等級の獲得に向けて全面的にサポート致します

専門スタッフとの協働専門スタッフと共働しながら、案件の内容に応じて、治療段階の病院同行、症状の推移や後遺障害に関する主治医の意見聴取、適切な後遺障害等級の獲得に向けた検査の検討、症状固定後の後遺障害診断書の内容精査等をさせて頂きます。

後遺障害の申請では、被害者請求によって適切に等級認定を求めることに重きを置いております。

・後遺障害を究めるためには、傷病の具体的機序に通暁している必要がございますので、日々医学的知識について研鑽を重ねて参ります。

後遺障害等級について>>

当事務所の弁護士について>>

③保険会社との交渉は最大限有利になるように尽力します

裁判基準ベースでの交渉裁判基準ベースでの交渉を基軸とし、最大限経済的メリットが見込めるように交渉します。

勿論、任意交渉段階ですので早期解決の見地からの一定の譲歩を検討せざるをえない場合もありますし、また、裁判となった場合に依頼者様側に不利な要素や証拠が顕出される可能性(任意交渉段階で和解した方が有利となる可能性)もございます。

そのような諸々のメリット・デメリットを検討した上で、最も有利な結果となるべく交渉に努めさせて頂きます。

 

 

④豊富な裁判経験を日々の事件処理に活かします

裁判経験豊富当事務所では交通事故事件の裁判実績が豊富にございますので、これら過去の裁判経験から裏打ちされた知見に基づき、ご依頼者様に最大限メリットが見込める事件処理をさせて頂きます。

当事務所の解決事例はこちら>>

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声