後遺障害14級及び転職による前職との差額部分の休業損害を獲得しました

タグ:, , , , , ,

被害者の属性

40代女性(兼業主婦)

事故状況

追突

自覚症状

頭痛、吐き気、頚部痛、左手指のしびれ、左握力低下、腰痛

傷病名

頸椎捻挫・腰椎捻挫

後遺障害等級

別表第二第14級9号(局部に神経症状を残すもの)

賠償金額

約420万円(自賠責保険金含む)

解決までの期間

約10ヶ月(後遺障害認定から解決まで)

解決のポイント

本件では治療中から当事務所でサポートさせていただき、初回の後遺障害申請で無事、後遺障害14級9号が認定されました。

また、被害者の方は事故のために前職を退職せざるを得なくなり、その後、別の会社に就職したものの前職よりも給料が下がったため、その点を休業損害として考慮できるかが問題となりました。

相手保険会社は当初は差額部分約50万円については否定しておりましたが、交渉の末、差額部分約50万円についても損害と認め、解決に至ることができました。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声