外貌醜状の逸失利益が認定され約3倍の増額に成功しました

タグ:, , , ,

被害者の属性 児童(女性)
事故状況 自転車
自覚症状 瘢痕
後遺障害等級 別表第二第9級16号(外貌に相当程度の醜状を残すもの)
保険会社提示額 約700万円
賠償金額 約2000万円
解決までの期間 約1年(後遺障害認定から解決まで)
解決のポイント
主に外貌醜状についての逸失利益が争われ、ご相談前は認められていなかった逸失利益を認めてもらうことに成功しました。

外貌醜状についての逸失利益は醜状の部位と程度、性別や職業などで認められるケースと認められないケースがあります。どちらにあたるかご不明な場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声