兼業主婦の休業損害が認定され解決できました

タグ:, , , , ,

被害者の属性

30代女性(兼業主婦)

事故状況

センターラインオーバーの車との正面衝突

自覚症状

首、肩、背中の痛み、頭痛、めまい等

傷病名

頚椎捻挫、胸椎捻挫、右股関節捻挫等

後遺障害等級

非該当

賠償金額

約120万円

解決までの期間

約6ヶ月(初回損害賠償請求から解決まで)

解決のポイント

被害者は、センターラインオーバーしてきた車と正面衝突の事故に遭いました。 本件の争点は、兼業主婦の休業損害でした。相手方保険会社は、会社員の仕事は休業していないことを理由として、休業損害を一切認めませんでした。 そこで、交通事故紛争処理センターへの申立を行い、仕事を休めなかった具体的な事情やどのように家事労働全般に支障がでていたのかを説明し、主婦業部分の休業損害を認定したあっせん案により解決することができました。
どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声