後遺障害非該当の結果に異議申立・14級を獲得しました

タグ:, , , ,

被害者の属性 40代女性(主婦)
事故状況 自動車対自動車、追突
自覚症状 頭痛、吐き気、頚部痛、右上肢と左手のしびれ
傷病名 外傷性頚部症候群
後遺障害等級 別表第二第14級9号(局部に神経症状を残すもの)
賠償金額 約450万円(自賠責保険金含む)
解決までの期間 約1年3ヶ月(最初の非該当認定から解決まで)
解決のポイント 本件で一番問題になったのは、被害者の症状が後遺障害に該当するかです。

最初の被害者請求では後遺障害非該当と認定されていました。

当事務所で受任し、本人の症状を確認したところ、症状固定後も症状が強かったため、その点を強調して異議申立を行った結果、後遺障害14級9号が認定されました。

当事務所としては必要書類以外にも依頼者の方の症状が分かるような資料を補充して初回から適正な等級が認定されるようにしておりますが、当然、認定されない場合もあります。一度、後遺障害非該当と認定された場合には、それを覆すことは非常に難しいですが、本人の症状が強い場合には、適切な資料を補充することで、当初の認定を覆すことは可能です。

後遺障害が適切に認定されるかどうかで賠償金額は大きく変わってくるため、適切な後遺障害等級の認定を得ることが非常に重要になります。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声