40代主婦が追突事故で整形外科と接骨院を併用し治療を行ったが後遺障害等級が認められ賠償金450万円を獲得した事例

タグ:

40代主婦が追突事故で整形外科と接骨院を併用し治療を行ったが後遺障害等級が認められ賠償金450万円を獲得された事例
被害者の属性40代女性(主婦)
事故状況車vs車 (被追突)
自覚症状頭痛・吐気・頚部痛・右上肢と左手のしびれ
後遺障害等級14級9号
賠償金額約450万円
解決までの期間2年6ヶ月
解決のポイント

故後3ヶ月から相談を受けました。当初の整形外科で治療効果を感じられなかったため、本人の希望により転院することになりました。その後、整形外科と接骨院を併用しながら治療をしました。

そして、事故から6ヶ月治療して症状固定し、後遺障害の認定を受けましたが結果は非該当となり、その後も症状に苦しめられておりましたので、後遺障害異議申立をしたところ、14級に認定されました。それをもとに損害賠償額の交渉を行い、示談交渉で解決をすることができました。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください 087-832-0550
弁護士紹介 事務所紹介 ご相談の流れ
弁護士費用 解決事例 お客様の声